バイエルン・ミュンヘンがニコ・コバチ監督の解任を発表した。

今シーズン、10試合を消化して5勝3分2敗の4位となかなか波に乗れないバイエルン。これを受け、コバチ監督の解任説が流れる中迎えた2日のフランクフルト戦、チームは序盤に退場者を出すなど精彩を欠き、1-5と大敗を喫する。この敗戦で同指揮官の進退が一気に揺らぎ、指揮官交代の機運が高まっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010001-goal-socc

バイエルンが解任を発表

そして3日、バイエルンはコバチ監督の解任を発表。この決定に至った理由をカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、公式ウェブサイトで「最近のチームのパフォーマンスと結果は、我々にアクションを起こす必要があることを示した。私とウリ・ヘーネス、ハサン・サリハミジッチは、ニコ・コバチと真剣な会談を行い、ニコがこれ以上FCバイエルンのコーチを務めないという結果に至った」と説明。

また、コバチ監督は「これは正しい決定だと思う。結果や最後の試合での我々のプレーが私にこの決断を下させた。兄弟のロベルトとともに、私はバイエルンに感謝している。この1年半の間、我々はリーグとDFBカップ、スーパーカップを勝ち取った。良い時間だった。クラブとチームの成功を祈っている」とコメントを残している。

2018年夏に現役時代にプレーしたバイエルンの指揮官に就任したコバチ監督は、1年目となった昨シーズンに7連覇を達成したブンデスリーガとDFBポカールの2冠を達成。しかし、今夏にはフランク・リベリとアリエン・ロッベンが退団し、さらに負傷者を抱えるなどシーズン序盤からの苦戦により、ついにクラブから去ることが決まった。

3

バイエルンは、6日にチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦、9日にドルトムントとの“デア・クラシカー”を迎えるが、現段階で後任は発表されていない。
Similar Posts