快進撃が止まらない。冬にドルトムントへと移籍したアーリング・ハーランドは、2月1日のブンデスリーガ第20節ウニオン・ベルリン戦でも2得点を挙げ、5-0の大勝に貢献した。

今冬にレッドブル・ザルツブルクから加わったハーランドは、デビュー戦でハットトリックを達成し、前節もドッペルパック(2得点)を果たすと、加入3試合目にして初のスタメンに名を連ねた。

すると、19歳の神童は前半18分にチームの2点目を奪い、66分にはPKを獲得(マルコ・ロイスが得点)。そして76分にもダメ押しとなる5点目を決め、2試合連続のドッペルパックを達成した。

これでハーランドはデビューから3試合で7得点。データサイト『Opta』によると、これはブンデスリーガの新記録だ。また、枠内シュート7本で7ゴールという驚異の決定力を見せつけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00069376-sdigestw-socc

「これ以上のスタートは想像できない」とSDは絶賛

2

米スポーツチャンネル『ESPN』によると、試合後にハーランドは「(好調の理由は)ハードワークに加えて、良いチームメートたちがいることだと思う」と、さらなる飛躍に意気込んだ。

「チームメートたちが優れているんだ。それで僕にとって簡単になっているんだよ。ここまでは楽しむことができている。まだまだこれからもっと上を目指す」

ドルトムントミヒャエル・ツォルクSDは「これ以上のスタートは想像できない」と大喜び。その上で、ビッグネームとの比較を求められると「まだ19歳だ。比較はしたくない。意味がないよ。彼にプレーさせよう。これからもゴールを決めてくれるはずだ」と述べるにとどまった。

だが、あえてその話題を持ちだしたのが、ドルトムントのOBで、この日ハーランドと対戦したネベン・スボティッチだ。今季からウニオン・ベルリンでプレーする31歳のベテランは「ロベルト・レバンドフスキを思い出させるね」と、古巣の新たなヒーローを称賛した。

「彼は半々のチャンスでゴールを決められる。今日もそれを証明した。難しい状況で得点できるんだ。まるでレバンドフスキと(ピエール=エメリク・)オーバメヤンのミックスだ。最大級の賛辞を送るよ」

破竹の勢いでファンを沸かせるハーランドは、どこまで突き進むのだろうか。
Similar Posts