今冬の移籍市場でミランに復帰した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、クラブと半年間の契約を結んでいる。

契約延長するかどうかは、本人の意思で決められるようだ。スペイン紙「AS」がミランのスポーツダイレクターを務めるリッキー・マッサーラ氏のコメントを紹介している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-00246643-soccermzw-socc

カリスマストライカーの得点力を絶賛「彼のパフォーマンスをとても喜んでいる」

2

イブラヒモビッチとミランの契約には、12カ月の延長オプションが付随しており、選手が自身の進退を決めることができるという。

2010-11シーズンから2年間ミランに所属していたイブラヒモビッチは、古巣に復帰してから通算6試合に出場して3得点を挙げている。13日に行われたコッパ・イタリア準決勝のユベントス戦第1戦(1-1)でも先発に名を連ねたストライカーの未来について、マッサーラ氏が語った。

「それを最終的に決めるのは彼だ。彼がどう感じて、どれくらい続けたいか次第だ。彼は本当の“怪物”だ。そして、私たちは彼のパフォーマンスをとても喜んでいる」

3

セリエA第23節を終えて、ミランは現在10位。UEFAチャンピオンズリーグ出場権が与えられる4位までは勝ち点「10」差となっているが、UEFAヨーロッパリーグ出場権を得られる6位のヴェローナとの勝ち点差は「2」。イブラヒモビッチはヨーロッパの舞台を目指すミランの助けとなれるだろうか。
Similar Posts