今冬のマーケットはまだ終わっていない。1月31日の最終日までに大型移籍が実現する可能性も、ゼロとは言えないだろう。ただ、少なくともここまで、大金を投じたビッグクラブは少ない。

そんななか、イタリア衛星放送『Sky Sport』は1月28日、現時点での冬のマーケットにおける投資額ランキングのトップ10を発表した。以下は同メディアが調べた総投資額と寸評だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00053546-sdigestw-socc

イグアイン獲得に動いたチェルシーも上位には入り込めず

2

10位: チェルシー(900万ユーロ=約11億7000万円)
来シーズンに向けて、ドルトムントからクリスティアン・プリシッチを手に入れたチェルシーだが、冬の補強はゴンサロ・イグアインのレンタル料のみにとどまっている。

9位: ビジャレアル(1000万ユーロ=約13億円)
ビジャレアルはレスターからレバンテやセビージャでプレーしたボランチのビセンテ・イボーラを獲得した。

9位: バイエルン(1000万ユーロ=約13億円)
MLSからカナダ代表FWアルフォンソ・デイビスを夏に確保。冬に加入している。

9位: アトレティコ・マドリー(1000万ユーロ=約13億円)
28日にアルバロ・モラタの1年半レンタル移籍が正式発表。買い取りオプションは5000~5500万ユーロ(約65億~71億5000万円)と高額だ。

8位: シュツゥットガルト(1200万ユーロ=約15億6000万円)
スティーブン・ツバーとアレクサンダー・エスバインのレンタルのほか、ガラタサライからオザン・カバクを1100万ユーロ(約14億3000万円)で獲得した。

8位: サンプドリア(1200万ユーロ=約15億6000万円)
サウサンプトンからイタリア人FWのマノーロ・ガッビアディーニをセリエA復帰させた。

7位: モナコ(1300万ユーロ=約16億9000万円)
フォデ・バヨ=トゥーレに1100万ユーロ(約14億3000万円)、ナウドに200万ユーロ(約2億6000万円)を投じた。

6位: ベティス(1400万ユーロ=約18億2000万円)
乾貴士をアラベスにレンタルで放出したベティスは、メキシコから俊英MFディエゴ・ライネスを獲得している。

5位: ドルトムント(1550万ユーロ=約20億2000万円)
アルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスから期待の若手レオナルド・バレルディを加えた。

4位: フィオレンティーナ(1700万ユーロ=約22億1000万円)
それぞれレンタルで現所属にとどまるが、エンポリからハメド・ジュニオール・トラオレ、クロアチアからはシモン・ジュルコフスキを獲得した。

4位: レアル・マドリー(1700万ユーロ=約22億1000万円)
“白い巨人”の冬補強は、マンチェスター・シティから引き抜いたブラヒム・ディアスだ。

4位: カーディフ(1700万ユーロ=約22億1000万円)
クラブレコードで獲得したアルゼンチン人ストライカーは、周知のように悲劇に見舞われた。

3位: RBライプツィヒ(1900万ユーロ=約24億7000万円)
“レッドブル・グループ”のザルツブルクからアマドゥ・ハイダラが加入。

2位: ボーンマス(3480万ユーロ=約45億2000万円)
プレミアリーグ中位ながらドミニク・ソランキとクリス・メファム、ナサニエル・クラインの獲得に大金を投じた。

1位: ミラン(7000万ユーロ=約91億円)
ルーカス・パケタに加え、イグアイン放出でクシシュトフ・ピオンテクを獲得。この冬、他を圧倒した投資額は実るのか。

3

このほかにも今冬に動きを見せたクラブはあったが、来シーズンに向けてアヤックスからフレンキー・デヨングを獲得したバルセロナは、冬はジェイソン・ムリージョとケビン=プリンス・ボアテングのレンタル料しか投じていない。ブラヒムを引き抜かれたシティも、板倉滉の確保(フローニンヘンにレンタル)のみ。さらにマンチェスター・ユナイテッドに至っては一銭も投じていない。果たして、各クラブの決断は吉と出るのか、凶と出るのか。シーズン後半戦に注目だ。
Similar Posts