ラ・リーガ1部のエイバルへ電撃復帰した日本代表MF、乾貴士。ベティス、アラベスと渡り歩いておよそ1年ぶりに帰還したアタッカーを、チームメイトやスタッフ、サポーターは熱烈に歓迎した。

乾自身も「今は本当にワクワクしています。新たな気持ちでより一層高みを目ざしたい」と決意を語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190726-00010005-sdigestw-socc

さっそくエイバルの練習に合流した乾

そんななか、さっそくチームに合流した乾を待っていたのは、仲間たちの強烈な無茶ぶり(?)だった。エイバルの公式SNSが公開したのは、チーム宿舎のレストランで乾が椅子の上に立ち、チームメイトたち全員の前でとある曲を熱唱する動画。「イヌイはドラえもんの曲を歌って挨拶してくれたぞ!」との文章が添えられ、そこには恥ずかしさを懸命に押し殺しながら、「あんなこといいな、できたらいいな~」と声を張り上げるニッポン男児の姿が……。もちろん、会場は大爆笑に包まれた。

スペインをはじめ欧州でも「ドラえもん」は、いまだチビッ子に大人気。ベティスに移籍した際も「ドラゴンボール」や「ドラえもん」などアニメキャラでいじられた伏線もあってか、間違いのない選曲に至ったのだろう。

ロッカールームではスタッフや旧友たちと熱い抱擁。一方でその後の初練習では、チームメイトたちがアーチを作るなかを潜って登場し、ここでは頭をはたかれたりもみくちゃにされたりと手荒い祝福を受けた。エイバルの公式SNSはさながら“イヌイ祭り”だ。


どのクラブに行っても底抜けの明るさを前面に押し出し、愛されキャラを演じる乾。公式SNSの投稿欄には「愉快な男が帰ってきた!」「本当に幸せそうだ」「笑えるね」「お帰り、タカ!」「また俺たち(サポーター)を熱狂させてくれ」といったメッセージが寄せられている。
Similar Posts