「どのクラブも私を待っていない。誰も私のドアをノックしていない」

2

モウリーニョ氏は2013年にレアル・マドリーの指揮官を退任した後、チェルシーを指揮し、2016年にはマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任。だが、昨年12月に同クラブの指揮官を辞任した。ユナイテッドの指揮官を辞任した後、レアル新指揮官就任の噂もあったが、レアルにはジネディーヌ・ジダン監督が就任した。

インテルやローマ指揮官就任も噂されたモウリーニョ氏は代表監督での指揮を熱望しているとも報じられていた。そんなモウリーニョ氏は英メディア『スカイスポーツ』のインタビューで「私は考え、再検討し、分析する時間があった。今、私の心に火がついている。だが、どのクラブも私を待っていない。誰も私のドアをノックしていない」とコメントした。

また、欧州5大リーグのクラブからオファーがあった場合、監督業を再開するかと聞かれたモウリーニョ氏は「イエス」と答えた。

3

果たして、モウリーニョ氏の監督業復帰はあるのだろうか。
Similar Posts